ショクジ

庄内の食材が一層輝く
驚きの酒田フレンチ

Restaurant Nico(レストラン・ニコ)

レストラン・ニコ
SCROLL

Restaurant Nico(レストラン・ニコ) レストラン・ニコ

2018年、オープン10周年を迎えた酒田市のレストラン・ニコ。酒田フレンチを黎明期から支えてきた料理人の父を持つオーナーシェフの太田は、その伝統のエッセンスを活かしながら、常に新しいフレンチのかたちを模索してきた。

「若い世代など、フレンチにあまり馴染みのない方にも興味を持ってもらえるような料理を目指しています」。その言葉通り、オープン以来のお店のスペシャリテ「黒バイ貝のコロッケ」は、毎年色や形、調理法などが少しずつ変化しているという。苔玉のような見た目に驚きつつナイフを入れてみると、中からソースとともに主役の黒バイ貝が登場し2度目のビックリ。サクサクの衣と黒バイ貝、旨みが溶け出したバターソースの調和が素晴らしく、食感の違いも楽しむことができる。

「おいしいのはもちろんですが、驚きのある料理を提供し楽しんで味わっていただきたいんです」と笑顔を見せる太田。彼の手によって、驚きとより一層の魅力をまとった庄内の食材たちをぜひ味わっていただきたい。

公式サイト:http://nico-sakata.juno.weblife.me/

名称 Restaurant Nico(レストラン・ニコ)
場所 山形県酒田市亀ケ崎3-7-2
電話 0234-28-9777
営業時間 11:30〜14:00/17:30〜21:30(L.O. 20:30)
定休日 月曜日(祝日の場合は、火曜日)
駐車場 有 13台
クレジットカード
席数 25席
個室 無
貸切可否 可
禁煙/喫煙/分煙 禁煙
予算目安 ランチ 2,000円〜5,000円
ディナー 3,000円〜10,000円
おすすめメニュー 黒バイ貝のコロッケ
お子さま対応 お子さまイスあり。お子さまセットもあります。
ショクジ紹介者:

新田 嘉七 平田牧場 代表取締役社長

平田牧場の金華豚を卸している。固定観念なくおいしい料理を出す創作フレンチ。