シゴト

シゴト

生活の一部としてそこにある会社を目指して。
目に見える形、見えない形、
その両方で「そこにある」事業

ライジング株式会社

営業部 課長 / 取締役副社長 / 住宅事業部 課長

伊藤貴広 / 五十嵐明子 / 佐藤洋介

イトウ タカヒロ / イガラシ アキコ / サトウ ヨウスケ
SCROLL

ライジング株式会社

注目を集める再生可能エネルギー。太陽光、風力をはじめ、その設備と制度が普及しはじめるなか、山形をはじめとした東北地域は太陽光発電の普及が遅れていた。その太陽光発電システムの販売施工を進めるのがライジング。太陽光発電住宅の販売や農地転用を中心にじっくりと話し合いながら進めていく。「地域密着型のサービスを」という想いをどのように反映しているのか、取締役副社長の五十嵐明子、住宅事業部の佐藤洋介、営業部の伊藤貴広の3人に話を聞いた。

ライジング株式会社 事業概要

2014年設立。太陽光発電システムを販売施工する。再生可能エネルギーが注目され、売電制度も整ったなかで、太陽光発電の普及が遅れている東北地域で積極的に太陽光発電システムを導入。農地転用などの太陽光発電のほか、住宅用システムや太陽光発電システムのある新築住宅販売なども手がけている。「HOUSING」「ENERGY MANAGEMENT」「LIFE PLANNING」「LIFE CYCLE」「ONLY ONE」の頭文字をとった「HELLO」というブランドからもわかるように、オーナーひとりひとりとじっくりと話し合いシステムを設置、メンテナンスする。雪国でも確実に採算のあう太陽光発電を導入したい、ライフスタイルに合わせたリフォームで光熱費を削減したい、遊休地、家の敷地を有効活用したいといった、「生活」を考慮に入れた丁寧な提案をしていく。

ポジティブな発想から仕事を

大手住宅メーカーを除き、山形の地元企業として再生可能エネルギー住宅を扱っているのはライジングのみ。まずは、会社設立の経緯とともに、どうしてソーラーパネルを事業として選んだのかを聞いてみたが、副社長の五十嵐より返ってきた答えは「自分たちが働きたいと思える会社を作りたかった」というものだった。

五十嵐:わたしは鶴岡の出身で、Uターンでこちらに戻ってきました。そのときに当然、仕事を探すわけですよね。でもそのときに、本当に会社がなかった。

佐藤:会社がなかったっていうのは求人がなかった?

五十嵐:いや、もちろん求人はたくさんあったけど、「ここで働きたいな」と思える会社がなかった。現在の弊社代表の五十嵐由浩といっしょに戻って来きたんですけど、ふたりで「いいなっていう会社がないよね」と話していました。

佐藤:ならば、作っちゃおう、と(笑)

五十嵐:そう。ないなら自分たちで作ってしまおうと。県民性とか地域性とかあるじゃないですか。どこまで本当のことか疑わしいけど、鶴岡はよく長いものにまかれるというか、そういうところがあるとか言われる。

伊藤:正しいかどうかは置いておいて、保守的なところはあるかもしれないなって感じることはある。

五十嵐:そういう会社ばっかりだったのかな。だから自分たちで、居心地のいい、そしてやりがいのある会社を作ろうという話になったんです。保守的っていう言葉に関係するかもしれないけど、後ろ向きなところからではなくて、ポジティブな発想をもとにした仕事がしたいなと思ったんです。それで会社を設立しました。2014年のことですね。

山形に太陽光発電が普及しなかったのは“イメージ”

-それからソーラーパネルの販売、設置という事業を始めたわけですが。そのきっかけはどんなことなのでしょうか。

五十嵐:ソーラーパネル関連は、営業を行っている伊藤からお話を。

伊藤:東日本大震災以降、再生可能エネルギーが注目されていて、そのなかにソーラーエネルギーもありました。水力、風力、バイオマスなどさまざまな再生可能エネルギーがありますが、個人などの小規模でもできるのがソーラーですよね。だから再生可能エネルギーのなかでもとくに注目が集まっていました。全国でも普及しはじめていましたが、山形ではほとんど設置がなかったんです。

-雪が積もる、日が照らないといった天候に関係があるのでしょうか。

伊藤:というよりも、そういう思い込みに関係があるといったほうが正しいですね。実際のところ、日射量という点では全国のほかの地域とそれほど変わらずに、発電に関してはそこまで大きな関係はしていないんです。それでも、やはり「太陽があまり出ない」といったイメージがあるため普及してなかったんです。日本海側は晴れの日が少ないとかよく言われるじゃないですか。だから「設置には余計に費用がかかるんでしょ」とか「設置したところで損するんじゃないの」とか、そういう声はよく聞きました。でも、弊社はきちんとしたルートも持っているし、実際にそんなことはないんです。

五十嵐:世界的にも再生可能エネルギーは注目され、そういう動きもあったなかで、この地域だけ立ち遅れているということは事業としては意義があると考えて立ち上げました。さきほど地域性として保守的といった話をしましたが、こうして考えてみるとソーラーパネルに対してもそういったところがあったのかもしれません。

伊藤:でも、きちんと話をして説明をじっくりすればわかってくれる。それで設置も増えていきました。

五十嵐:これはソーラーパネルに限ったことではないのですが、企業や事業に対してはその価値を冷静に判断してくれる。それも地域性として感じているところです。だから、信念を持ってやっているとみなさん評価してくれるんです。

佐藤:はい。山形は農地も多く、我々は「電気を収穫する」とも言っていますが、農地転用太陽光発電も行っています。それとは別に家庭用太陽光発電も事業として始めました。電気は買う時代から作る時代にとよく言われますが、まさにそのとおりだと思っています。太陽光発電とセットの住宅販売というのは、大手ハウスメーカーを除けば地元企業では弊社のみのサービスとなっています。

伊藤:これから「発電者と電力消費者の間で締結する電力販売契約」いわゆる「PPA」が普及していくことが予想されます。簡単に言うと、電気事業者側でパネルの設置などの費用をほとんど負担してくれて発電をする。その発電量のなかから家庭や企業で使用した分の代金を払い、余った分に関しては電力会社に売ることができるというものです。分散型電源などとも言われますが、要は簡単に太陽光発電が始められると思っていただければ。

佐藤:住宅もともにエネルギーを創る住宅が勧められています。ZEH(ゼッチ)と言われるもので、「ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス」という意味です。省エネで使うエネルギーを減らすとともに、太陽光をはじめとした再生可能エネルギーを利用し発電する。その差し引きが作ったエネルギーのほうが多くなるというものです。政府は2020年までに標準的な新築住宅をZEHに、2030年までに新築住宅の平均がZEHになることを目指すと発表しています。私たちもこれに協力できればと考えています。

生活の一部としてそこにある会社

-お話を聞いていると、キーワードとして「地域密着」というものが浮かんできそうですね。

五十嵐:まさにそうですね。会社として目指しているところもまずそれがあります。生活の一部に「ライジング」があるという会社にしたいと思っています。

伊藤:具体的には、さきほどの農地転用太陽光発電というのも地域密着、生活の一部というところにつながるかもしれませんね。山形、鶴岡ならではの土地の再生利用方法だと思うので。

佐藤:太陽光発電がセットの住宅は電気代なしの家、文字通り生活の一部ですね。住宅関連で「HELLO」というブランドを作ったのものそのひとつ。「HOUSING」「ENERGY MANAGEMENT」「LIFE PLANNING」「LIFE CYCLE」「ONLY ONE」のそれぞれの頭文字をとって「HELLO」なのですが、これもおわかりになるかと思いますが、建物を建てるだけでなくて「お客様の生活を考えて」家を建てるということなので、まさに生活の一部かと思います。。それから住宅だけでなく、会社や店舗などで、光熱費対策として経営課題の解決にも寄与できるかと思っています。

五十嵐:わたしはネガティブなところから物事を考えたくないと思っているんです。前向きな発想で物事を進めていきたい。だから「生活の一部にライジングがある」という想いがまずあるんです。あまり具体的とは言い難い想いですよね。実際に具現化するのは難しい。どういう方法があるのか、方法があるとしてどう進めていけばいいのか。難しいと思います。でも、これまで具現化できているものもあるので、これからだってあるはずです。だからこれからもその想いは持ち続けて仕事をしていこうと思います。

-そうしてみなさんで仕事をしているというのもすでに“生活の一部”かもしれませんね。

五十嵐:あ、そうかも。

伊藤:自分が働きたいと思う会社というのに近づいているのかもしれないですね。

佐藤:スピード感をもってさまざまな新しいことにチャレンジできる雰囲気も働く人間としてはうれしい。

伊藤:そうですね。やりたいことをやれる雰囲気がある。

五十嵐:想いで物事を達成できる人がたくさん増えるとうれしいですね。どういう生活をしたいのか。そのなかでどういう仕事をしたいのか。そういうビジョンがしっかりあって行動に移せる人。そういう人たちとこれからも仕事をしていきたいと思います。

代表/人事担当からのメッセージ 代表 五十嵐由浩

当社は比較的若いメンバーで構成され、己の将来を自らの手で創造したいという強い意志を持ったメンバーが事業に参画しています。 また、RISINGでは一度リタイヤされた方々に、もう一度社会復帰していただき長年培ってきた人脈、経験、技術を助言していただき会社を支えていただいております。再生可能な人材を再生させエネルギーに変換するそんな取り組みもRISINGならではでないでしょうか。 そして、女性が働きやすい職場作りにも取り組んでいます。育児子育てをしながらでも女性が社会で活躍できる環境を整え、子育て世代で形成されている組織だからこそ悩みを共有し、フォローすることで、最高のパフォーマンスを発揮できると考えます。常にビジョン・情熱・誠意のある仕事を念頭に、共に新時代を先導するリーディングカンパニーであり続けることにコミットできる人をお待ちしています。

募集概要

募集者の氏名又は名称 ライジング株式会社
募集人数 4名
雇用形態 正社員
契約期間 期間の定めなし
試用期間 6ヶ月
就業場所 鶴岡営業所 鶴岡市平京田字屋敷廻71-4
就業時間 9:00〜18:00
休憩時間 12:00〜13:00
休日 年間休日:129日(2019年会社カレンダーによる)
時間外労働 有(月平均4.5時間)
給与 【営業職】
基本給:18万~50万円

【建築施工管理・電気工事】
基本給:25万円~50万円
昇給 実績として毎年1回あり
賞与 業績により支給
加入保険 健康保険
雇用保険
労災保険
厚生年金
福利厚生 通勤手当 有 (片道直進距離2.5km以上)
職務内容 【営業職】
再生可能エネルギー商品(産業・住宅用太陽光)及省エネ機器の販売
新築・中古・既築住宅リフォーム工事の企画営業活動

【建築施工管理】
建築現場での工程管理や安全管理、品質管理等

【電気工事】
建築物の屋内外電気設備の設計、施工等
求める人物像 ・自分の力で物事を構築し、完結する力のある人。
・前向きで技術習得意欲、向上心の高い方。
・庄内地区のコミュニティーや社内のコミュニティーを大切にしていただける方。
・U・Iターン者大歓迎です。
必要なスキルや経験 【営業職】
特になし

【建築施工管理】
歓迎スキル
一級・二級 建築施工管理士の資格を持っている方大歓迎です。

【電気工事】
歓迎スキル
一種・二種電気工事士の資格を持っている方大歓迎です。
選考プロセス 1.書類・面接
2.社長面接
3.採用不採用通知
必要書類 履歴書
職務経歴書
採用担当者からの一言 弊社は代表も然り、弊社社員の9割はUIJターン者で構成されています。
地域貢献を一緒にできるメンバーを募集してます。
まずは、ライフワークバランスをモットーに一緒に働き方を考えていきましょう。
もちろん、採用以外の質問でも結構です。
ご応募お待ちしております。

応募方法について

庄内の企業との出会い方は、下記の通り3つあります。ご自身の状況に合わせてご選択下さい。
ご自身の経歴に応じて採用パートナー(ヤマガタデザイン)から掲載企業をご紹介させていただく場合もあります。
※ご紹介した場合でも、内定が確約されるものではございません。

応募する
書類選考
書類提出後、不備等がある場合は、採用パートナーから連絡をさせていただく場合があります。
一次選考〜
面接時に、1名につき1回、 SUIDEN TERRASSE に無料宿泊できます ※
内定
内定承諾後、1名につき1回、 SUIDEN TERRASSE にご家族で無料宿泊できます ※
入社
※ 詳細は「転職支援について」をご確認ください
スカウト登録
スカウト登録をする
スカウト登録をすると、掲載企業があなたの情報(※)を閲覧できるようになります。 掲載企業があなたに興味を持った際には、採用パートナーから連絡をいたします。 ご自身では気づかない働き方が見つかるかもしれません。 ※個人を特定出来る情報は開示されません。
話を聞く
就転職フェアに参加
年に数回、庄内もしくは東京で直接企業人事と出会えるイベントを開催します。 仕事の事、生活の事、何でも聞いてみて下さい。

就転職フェア特設サイトはこちら

メルマガ登録について

まずは情報を知りたい、という方はメルマガ登録をお願いいたします。最新の求人情報や、合同説明会の情報を、優先的にご案内いたします。 登録フォームの「スカウトの受け取り希望」欄で「希望する」を選択すると、企業よりスカウトが来るようになります。 ご自身では気づかない働き方が見つかるかもしれません。 就転職に前向きな方は、ぜひご登録ください。

登録する

就転職支援について