【LIFE】庄内の暮らし 【LIFE】庄内の暮らし 風景

四季の風韻を感じる、丘の上の美術館

酒田市美術館

酒田市の象徴である鳥海山と最上川を一望できる、丘の上の美術館。

文化勲章を受章した日本洋画界の重鎮、森田茂氏の作品や、日本芸術院会員の洋画家國領經郎氏の作品、酒田市出身の洋画家斎藤長三氏の作品、そして彫刻家高橋剛氏の作品等、多数の所蔵作品を常設展示するほか、国内外の優れた美術作品を集めた特別展を開催している。

館内で最も眺望の良いところには喫茶室があり、大きなガラス越しに望む鳥海山は、日々その姿を変える額縁に収められた一幅のアート。

名称 酒田市美術館
住所 山形県酒田市飯森山三丁目17-95
開館時間 AM9:00〜PM5時(入館はPM4:30分まで)
休館日 12月〜3月の月曜日(祝日の場合は翌日)、12月29日〜1月3日
この他、展示替え休館あり
観覧料(常設展) 一般540円、高校生・大学生270円、中学生以下無料
※企画展によって観覧料が変わります。事前にご確認をお願いいたします。
アクセス ・バス/るんるんバス:酒田駅大学線で酒田駅から20分乗車
           酒田市美術館・出羽遊心館下車 徒歩1分
・タクシー:酒田駅前から約10分、庄内空港から約20分
駐車場 有り(110台)
公式サイト

http://www.sakata-art-museum.jp/

あなたが「いいね」したことが企業に通知されます。
企業もあなたに興味を持てば、スカウトが届くかもしれません

※スカウトの受取を「希望しない」と登録された方は企業からのメッセージはありません。 企業からのスカウトメッセージをご希望の場合、マイページにて登録情報を変更の上、ご利用ください。

close
ページの先頭へ

ショウナイズカン