【LIFE】庄内の暮らし 【LIFE】庄内の暮らし 遊び

ハクチョウの飛来する季節を楽しむバードウォッチング

大山 下池
農業用水のため池として400年前に整備されたという大山の上池・下池は、現在多くの水鳥が羽を休める湿地帯として、ラムサール条約によって保護されている。特に「下池」は池のほとりに立つ「おうら愛鳥館」や、池の周囲を一周できる約4.5kmの遊歩道があり、さらには「大山公園」や「上池」、テレビ塔の並ぶ「高館山」(たかだてやま・標高274m)へのルートも整備されていて、気軽にバードウォッチングを楽しめるほか、トレッキングコースとしても親しまれている。特に、秋から冬の朝にかけては、日の出とともにハクチョウたちが周囲の田畑へ飛び立っていく様子が見られることで多くの人が集まる。ハクチョウのほか、マガモやオオヒシクイなど時期によって多様な鳥たちも観察できる。冬は凍える寒さなので暖かくして出かけよう。
名称 大山 下池
住所 鶴岡市大山3-27-19
アクセス スイデンテラスから車で15分
駐車場 あり(無料・大山公園内)
ガイドマップ

大山 上池・下池 高館山ガイドマップ
https://www.city.tsuruoka.lg.jp/seibi/kankyo/ramsar/tiiki01x.files/map.pdf

あなたが「いいね」したことが企業に通知されます。
企業もあなたに興味を持てば、スカウトが届くかもしれません

※スカウトの受取を「希望しない」と登録された方は企業からのメッセージはありません。 企業からのスカウトメッセージをご希望の場合、マイページにて登録情報を変更の上、ご利用ください。

close
ページの先頭へ

ショウナイズカン